2022/05/31 ニュース

デジタルハーツ、ゲーム・エンターテインメント企業の海外展開支援強化のため渋谷に「TOKYO Lab.」を新設

 株式会社デジタルハーツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長: 筑紫 敏矢、以下「デジタルハーツ」)は、国内のゲーム・エンターテインメント企業の海外展開支援の強化のため、渋谷に「TOKYO Lab.」を新設し、6月1日より同拠点の稼働を開始することをお知らせいたします。

 デジタルハーツは、約8,000名の登録テスターと8,000超の多様な検証機材を備えたテストセンターでの柔軟な検証体制を強みに、創業以来、多様なゲームのデバッグ・検証事業を通じて、エンターテインメント業界の品質向上に貢献してまいりました。加えて、近年増加傾向にある、ゲームタイトルの海外展開ニーズを受けて、ゲーム・エンターテインメントのコンテンツの翻訳やLQA (Linguistic Quality Assurance)といったローカライゼーションサービスと多言語対応カスタマーサポートサービスにも注力し、中国等の海外グループ企業との連携だけでなく、国内拠点においても30を超える国・地域出身のローカライズスタッフを数多く配置して、“コンテンツづくりと運営の現場を支えるパートナー”として、国内外のお客様の事業の発展を総合的に支援しています。

 このたび、こうしたクロスボーダー案件へのサポート強化のため、海外展開支援サービスとしては当社初の専用拠点となる「TOKYO Lab.」を東京都渋谷区に設立いたしました。
 「TOKYO Lab.」では、当社が日本国内で直接雇用している約300名の各対応言語を母国語とする多国籍なスタッフが、翻訳、LQA及びカスタマーサポートサービスにおいて、顧客企業に対して時差なく、高品質なサービスを提供いたします。

■「TOKYO Lab.」概要

名称TOKYO Lab.
所在地東京都渋谷区代々木4丁目31−6 西新宿松屋ビル6F/9F
開設予定日2022年6月1日(予定)
主な活動グローバル市場向けエンターテインメントサービスのローカライズ(ゲーム翻訳、LQA)及びカスタマーサポート
主な対応言語日本語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、アラビア語、その他

屋内写真:

 今後もデジタルハーツは、当社にしかできない価値提供を続けることで、「確かな品質」を提供するグローバル・クオリティ・パートナーとして、ゲームをはじめとするエンターテインメント業界の発展を支えてまいります。

以上

 ※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。

【デジタルハーツについて】
デジタルハーツは、「SAVE the DIGITAL WORLD」という企業ミッションのもと、「確かな品質」を提供するグローバル・クオリティ・パートナーとして、ゲームの不具合を検出するデバッグからローカライゼーション、マーケティング支援などの幅広いサービスを提供し、ゲーム・エンターテインメント業界の発展を支えています。
https://www.digitalhearts.com/

【報道関係者からのお問い合わせ】
株式会社デジタルハーツホールディングス IR広報部 広報担当
Mail: press@digitalhearts.com
電話番号:03-3373-0081