デジタルハーツのeスポーツチーム「デジタルハーツゲーミング」が ファイテンとボディケアスポンサー契約を締結

 株式会社デジタルハーツ (本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:玉塚 元一、以下、「デジタルハーツ」)は、同社が有するeスポーツチーム「デジタルハーツゲーミング」がファイテン株式会社(本社所在地:京都府京都市、代表取締役社長:平田 好宏、以下、「ファイテン」)とボディケアスポンサー契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

 デジタルハーツは、主にゲームソフトに潜む不具合を検出する「デバッグサービス」を提供しており、約8,000名のテスターの機動力及び創業以来培ってきたノウハウを強みに、ゲームメーカーをはじめとする顧客企業の品質管理パートナーとして、確固たる地位を確立して参りました。この豊富なテスターの多くは、ゲームに対する熱い情熱や高い技術を有する人材であり、中には、テスター自らeスポーツ大会に参加し入賞を勝ち取るなど、eスポーツ選手として活躍する人材も在籍しております。このため、デジタルハーツでは、このようなテスターの活動を助勢するとともに、eスポーツを中心にゲーム業界全体を盛り上げることを目的に、2018年8月にテスターの中から選抜したメンバ-でeスポーツチーム「デジタルハーツゲーミング」を組成し、これまで国内外の様々なeスポーツ大会に参加して参りました。
 一方、ファイテンは、「すべては健康を支えるために」をスローガンに、チタンネックレスをはじめとする各種健康グッツの提供やリラクゼーション及び疲労回復を支援する「IPサロン」の展開等を通じ、これまで様々なスポーツ選手のボディケアを支援して参りました。
 この度、デジタルハーツゲーミングは、日々の練習や試合、また試合会場への長距離移動等から来る疲労回復や健康の維持・向上を促進するための様々な支援を受けることができるボディケアスポンサー契約をファイテンと締結いたしました。今後デジタルハーツゲーミングは、ファイテンの支援のもと、さらなる練習に励み、eスポーツ大会での活躍を目指して参ります。

デジタルハーツゲーミング 写真左から ソウジ選手、みぃみ選手、ペコス選手、小川選手


(※) 各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。