イテレーションごとに
ビジネスステークホルダに
価値あるフィーチャをデリバリーする

「アジャイルライフサイクル」と「従来型ライフサイクル」との主な違いの一つは、極めて短いイテレーションという考え方にあります。イテレーションごとにビジネスステークホルダに価値あるフィーチャをデリバリーする、動くソフトウェアが作成されるということが目的となります。
従ってテスト活動は、最終工程での受入テストの活動としてではなく、イテレーション全体を通して行われます。

アジャイルテストの4象限

出典:「実践アジャイルテスト テスターとアジャイルチームのための実践ガイド」

上流品質活動(シフトレフト)

品質の向上活動を設計コーディングフェーズにもっていくというシフトレフトの活動において、「品質向上=システムテストを行う」よりも、以下のようなアプローチが有効です。

●要求仕様の明確化
●クラスや関数構造をシンプルに保つ 
●単体・結合テストの実施(*1)
●レビューを実施

出典:高橋寿一著「ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」

サービス

・アジャイル品質/シフトレフトコンサルティング
・単体テスト/APIテスト/開発・実施支援
・スクラム開発/導入・運営支援
・CI/CD環境構築支援

関連サービス

お問い合わせ

inquiry

各種サービスについてご質問を受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

03-3379-2053

営業時間:9:30~18:30(土日祝を除く)