お客様への貢献を楽しみながら、
エンジニアとしての幅を広げること

Daichi

クラウドエンジニア

※本記事は2021年時点での取材に基づいています

デジタルハーツに入社されるまでの経歴を教えてください

実は学生の頃は音楽活動をしていました。普通の大学に進学していたのですが、音楽で挑戦したくて、大学を中退して音楽の専門学校に通い音大を受験しました。結果は2年連続で不合格でした。その後の進路を考えなくてはならなかった頃、ハマっていたネットゲームをしているときに「ラグ減らせないのかな?」とネットワークの裏側に興味を持ったことをきっかけにITエンジニアになろうと思いました。

最初はITベンダーでIT関連製品の品質管理を担当しました。テスト・スクリプトを書いてテスト実行を依頼したり、テストコードを書いてテストを自動化したりもしていました。今、思い返すとTDD(テスト駆動開発)やシフトレフトテストに通ずるものがあるなと思いますし「テストコードを作り込むことで、テストを楽に早くでき、かつ高品質に繋がる」ということを実体験として学んだ気がします。僕のQAに対する基本姿勢は、ここでの経験が根底にあると思います。

その後、上流工程への興味からクラウドやセキュリティを得意領域とするSI外資系の戦略コンサル企業に転職しました。そこでは、クラウドチームで複数プロジェクトの提案から構築まで幅広く取り組んでいました。良い意味で何でも自由にできる職場でしたので、担当が決まっていない仕事を「僕がやります!」と拾っていたら、いつの間にか色々できるようになっていった気がします。自由に幅広くやらせてもらえる環境は、自由に好きなことに打ち込みたいという僕の性に合っていましたし、課題を通してスタックの幅を広げることができたので、今でも良い職場だったと思っています。

一方で、戦略コンサルの立ち位置から、いわゆるプロジェクト的な開発の中でお客様のご支援をさせていただくことが多く、中には提案だけという場合もありました。そうした中で「お客様に寄り添いながら、自身の関わったお客様の技術的課題の解決に向け最後まで関わりたい」という気持ちが強くなり、転職を考え始めました。

デジタルハーツに入社した理由を教えてください

実は、転職活動を始めるまではデジタルハーツの存在を知りませんでした。 これまでの主要事業であるゲームデバッグに加えエンタープライズ領域でのシステムテストへと事業領域の拡大に向けて変革を進めているとあり、変革期への興味本位で応募したというのが本当のところなんですが、その後の面接でやられました。今でも鮮明に覚えていますが、「システムテストだけでなくQAを技術で深化させていきたいんです」「新興ITベンチャーが困っているところにデベロッパーサクセスを提供していきたいんです」「エンジニアがエンジニアらしくいられる環境にしていきたいんです」と、面接してくださったエンジニアの方が柔らかく丁寧な口調で語られたところに惹かれました。

他の会社も選択肢にあった中でデジタルハーツを選んだのは面接してくださったエンジニアの魅力と、会社の雰囲気が良く「この会社の人がやりたいことって役に立つことだし、様々な状況のお客さまと一緒に長期的に課題解決に向けて取り組んでいけそう」、「エンジニアとして知識や技術を伸ばす環境がありそう」と感じたところも大きかったと思います。

デジタルハーツで行った仕事で印象に残っているものはありますか

テストで見つけた不具合をテストチームと連携して解決した経験です。
テストチームがテストを行った結果、サーバーのレスポンスの性能が低いというの結果がでました。原因を分析したところ、原因はハードディスクのディスクへの書き込みプロセスが原因と判明し、キャッシュ化を提案し、実際に対応しました。結果、期待するレスポンス性能が得られ、お客様に喜んでいただけました。やりたかった「お客様の課題を最後まで伴走して解決すること」ができましたし、各チームの連携もよく、お客様の満足度も非常に高かったので強く印象に残っています。

後は、自分の好みの話になってしまうかもしれないですが、僕はAWSが好きなのでAWSを使って課題解決できる仕事は特に嬉しいですね。
AWSは仕組みが凄く良くできていて。色んなパラメータを頭に入れながら「最適解はこれです!」って出すのも好きだし、出した解に正解も無いのでラーニングしながら試行錯誤して、変えていくみたいなのも楽しいんですよ。
特にEC2を使った環境構築が凄く好きで…これをいかに固く作るかが好きなので、こういった”自分の好きなこと、こだわり”なんかを活用して誰かに喜んでもらえた時に、凄く充実しているなと感じます。

デジタルハーツへの応募を検討されているエンジニアのみなさまへ

これは僕個人の意見になってしまうかもしれませんが、インフラって作ったらおしまい、という訳では無いと思っていて、テストの実施や稼働中の障害などで各システムにどのような影響が出てくるのかということは知っておかなければならないです。
各システムについて知るためには、最終的にインフラエンジニアの知識が必要になります。
当社はインフラ~開発~テスト~セキュリティまでDevSecOpsパイプライン全体をカバレッジとした体制が整いつつあり、テストを起点とし不具合に対し「じゃあ次はこういったことができませんか?」「●●が足りないのでこうしませんか?」とソリューションを提案させてもらえます。
自身の専門領域に関わらず、社内で連携することでお客さまに幅広いソリューションを提供できるのでダイレクトにお客様の役に立つことができますし、自身のスタックの幅を広げる経験もできると思います。
お客様への貢献を楽しみながら、エンジニアとしての幅を広げること、新旧問わずエンジニアリングを深堀りしていくことが好きな方と一緒に働けたらと思っています。