• デジタルハーツは、自分がやりたいと
    手を挙げればチャンスが回ってくる会社
  • Shin
  • セキュリティエンジニア
    2017年入社
    初台本社勤務
  • ※本記事は2020年時点での取材に基づいています

テストエンジニアをしていたけど、セキュリティに興味を持った

僕は未経験からIT業界に入り、テストエンジニアとしてのキャリアを積んでいました。テストエンジニアの仕事の中には、テスト設計・実施、テスト自動化、負荷試験や脆弱性診断といった業務があり、負荷試験や脆弱性診断業務をメインに担当していました。テスト業務の中では、セキュリティ領域に触れる機会が多く、徐々にセキュリティの専門性を高めたいと思うようになり、セキュリティエンジニアになることを決めました。

キャリアシフトしたきっかけは?

脆弱性診断は面白いな…と思う機会が多くあり、セキュリティの専門性を高めたいと考えるようになっていきました。その後、機会がある度に上司に「セキュリティの専門性を高めたい」と伝えていた中で、会社が『第二創業期』を迎え、新たな事業の柱としてセキュリティ事業に注力するようになり、セキュリティ事業部への異動の話を頂きました。タイミングが良かったです(笑)。

専門知識が不足している代わりにテストエンジニア経験という武器がある

当たり前の話ですが、僕よりも長い期間セキュリティ事業で活躍している方々の知識や経験は僕よりも圧倒的に高いレベルなので…正直、当初は不安がありました。ただ、僕のテストエンジニアとしての視点や経験はやっぱり活きていて、業務システムの基本機能の把握は早いですし、違う経験を持っているからこその視点が持てます。現在は不安は無く、日々業務に取り組んでいます。

セキュリティ技術者として、実施結果を見るだけでも大きな刺激

社会全体でサイバー攻撃に対する意識が高まっており、最新の情報は次々に変化しています。デジタルハーツには協力体制にあるホワイトハッカーも多く、多様な観点でペネトレーションテストが行われているので、様々な実施結果を見るだけでも大きな刺激になります。

デジタルハーツはチャンスが多い会社

デジタルハーツは、自分がやりたいと手を挙げれば、チャンスが回ってくる会社だと思います。これから大きな変化を迎えるデジタル社会において、テスト、開発、インフラ、セキュリティ…と様々なエキスパートが揃っている会社なので、僕みたいに色々なことに興味を持つ人にとっては良い環境だと思います。