デジタルハーツ、IPAに「令和2年度中小企業サイバーセキュリティ対策支援体制構築事業」の成果報告レポートを提出

 当社は、独立行政法人情報処理推進機構(以下、「IPA」)が公募した「中小企業サイバーセキュリティ対策支援体制構築事業」(以下、「本事業」)に2年連続で採択され、宮城県・福島県・岩手県を対象とする本事業を担当いたしました。
 今年度においては、引き続き同地域のセキュリティ実態調査やポータルサイト運営を通じて担当地域の中小企業におけるセキュリティの意識向上を図るとともに、新たに東日本電信電話株式会社宮城事業部と協力して各種セキュリティ対策のトライアル実施を行うことで、担当地域におけるセキュリティ対策の底上げ等に注力して参りました。
 この度、これらの実証事業の成果報告レポートをIPAに提出し、本日その内容が公開されました。

 詳細は、下記をご覧ください。

■サイバーセキュリティお助け隊(令和2年度中小企業向けサイバーセキュリティ対策支援体制構築事業)の報告書https://www.ipa.go.jp/security/fy2020/reports/sme/otasuketai_houkoku.html