デジタルハーツ、WEBサイト自動チェックサービス「DH AutoChecker」を開発~2018年10月よりクラウドサービスとして提供開始~

 システムテストサービスを提供する株式会社デジタルハーツ (以下、「デジタルハーツ」)は、WEBサイトのリンク切れや画像サイズなど総合的なチェックを自動で行う「DH AutoChecker(DH オートチェッカ―)」を開発し、クラウドサービスとして2018年10月1日より提供を開始いたしますので、お知らせいたします。

 近年、インターネット環境の発展やモバイルデバイスの普及等を背景に、WEBサイトを活用したビジネスが拡大しており、EC・予約サイト等様々なWEBサイトが増加しております。これらのWEBサイトは、企業の収益やブランディングに直接インパクトを与えることから、WEBサイトの信頼性の向上及び不具合のないサイト構築に対する重要性が高まっております。一方、WEBサイトによっては数万ページにも及ぶ膨大な情報を有するものもあり、すべてのコンテンツを定期的にチェックするためには、多大なコストや時間、人的リソースが必要となることから、これらの課題解決に対するニーズが増加しております。
 このような状況のもと、デジタルハーツは、8,000名を超える豊富なテスト人材を強みに、これまで様々なWEBサイトのテスト・検証を実施することで、着実な実績を積んで参りました。
 この度、これまで培ってきたノウハウをもとに、より幅広いクライアントの皆様のニーズにお応えすることを目的に、WEBサイト自動チェックサービス「DH AutoChecker」を独自開発し、2018年10月1日よりクラウドサービスとして提供を開始することといたしました。
 「DH AutoChecker」は、リンク切れチェックやリダイレクトチェックなどの各種チェックを自動で行うサービスであり、テスト対象となるWEBサイトのURLを入力するだけで、どなたでも簡単にご利用いただけます。複数項目のチェックを同時に実施、さらに事前のスケジュール設定による複数のWEBサイトに渡る自動定期チェックを行う機能など、WEBサイトの高品質な運営管理を支援いたします。
 デジタルハーツでは、より多くのクライアントニーズを収集することを目的として、この度、一部機能を搭載したお試し版を先行して無償で提供開始し、今後、更なる機能追加を随時行っていく予定です。

■DH AutoChecker(お試し版)の主なチェック機能

リンク切れチェック 各ページごとにHTML内に挿入されているリンク切れをチェックします。
リダイレクトチェック htaccessなどを用いたサーバサイドリダイレクトやmeta要素のrefreshを用いたページリダイレクトについて、ページ移動の際のリダイレクトの検証をします。
SSL証明書有効性チェック 通信の暗号化と、サーバー証明データの改ざん防止となるSSL証明書の有効期限を自動でチェックします。
http/https混在チェック https化を行ったWEBサイトに残っているhttpコンテンツを検出します。
コンテンツサイズチェック 画像サイズチェックを事前にすることで、WEBサイト内における画像の最適化を確認、画像サイズの軽量化に役立ち、WEBサイト高速化に寄与します。

■DH AutoCheckerサービス詳細

名称 DH AutoChecker
提供開始日 2018年10月1日
提供価格 2018年12月31日まではお試し版のご提供となり、月額利用料は無料となります。
※なお、テスト実施回数は、1アカウントあたり100回/月までとなります。
利用登録 本サービスのご利用には、会員登録(無料)が必要となります。
サービスサイト https://lp.dh-autochecker.com
※サービスサイトは2018年10月1日10:00よりオープンする予定です。

【本サービスに関する問い合わせ先】
株式会社デジタルハーツ エンタープライズ事業本部 長谷川(健)
電話:03-5308-1151(月~金:9時半~18時半/土日祝:休日)
E-mail:hp_service@digitalhearts.com

(※) 各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。