デジタル社会の救世主!
ゼロから始める正義のハッカーへの道

OSAKA若者リ・スキングパートナーズ サイバーセキュリティ研修

\ こんな方を募集しています! /

  • 特別なスキル(プログラミング技術等)は不要
  • 基礎的なIT知識があると望ましい
  • 技術・能力よりも正義感・倫理観を重視
  • ゲーム好きな方、大歓迎!

教育から就職まで、サイバーセキュリティ人材を
育成・支援するプロジェクトです。

社会のデジタル化が進展する中、企業や個人を対象にしたサイバー攻撃が増大しています。これまでデジタルハーツでは、ゲーム好きな人材の粘り強さや集中力の高さに注目した研修「DHサイバーブートキャンプ」を通じて100人以上の正義のハッカーを育成してきました。

今回、この研修メソッドに基づき、大阪府と連携して、コロナ禍において就職をめざす若者を対象にサイバーセキュリティの入門的な知識を体得できる特別な研修を実施します。併せて、DX(IT)化の人材が不足する中小企業等への就職支援も行います。

サイバーセキュリティ研修 3つのメリット

サイバーセキュリティに対する知識と経験が身に付く

3か月間の研修(オンライン)を通して、これからの時代に必要なサイバーセキュリティに対する知識と経験を身に付けることができます。

人材が不足する中小企業への就職支援が受けられる

研修終了後は求職者支援企業の就職支援が受けられます。研修で得た知識を活かして仕事を始めるチャンスです。

これからのデジタル社会に仕事を通して貢献できる

社会のデジタル化が進む中、人材は常に不足しています。サイバーセキュリティの仕事を通してデジタル社会の発展に貢献してみませんか。

第1期生 募集要項

<定員>先着100名まで(以下の条件1と2を満たす者であること)
<条件>条件1:就職をめざす若者(15~44歳程度)※学生は対象外です
条件2:インターネットに接続して動画視聴できるPCを自宅に有していること
<研修期間>2021年5月~7月(3カ月間)
<研修方法>原則としてオンライン
<備考>研修修了者に対する就職支援も実施する予定
<申し込み締切>2021年5月6日(木) 23時59分

募集は終了しました。

※本プログラムは、大阪府「公民のパートナーシップによる若者のDX(IT)人材就職支援モデル事業」の一環として行うものです

会社概要    お問い合わせ
プライバシーポリシー